攻撃型生産管理システムTPiCS-X

生産管理システムを使用する製造業のイメージ

製造業向け生産管理システム

攻撃型生産管理システムTPiCS-Xの販売、導入支援を行っています。
当社は「攻撃型生産管理システムTPiCS-X(株式会社ティーピクス研究所)」の正式Sierに認定されています。




TPiCSご紹介

 

繰返生産、個別受注生産、その両方が混在した生産形態に幅広く対応した生産管理システム

 

生産管理システムTPiCS-X機能概要

 

 

短納期生産、変化に対応する生産

従来のMRPシステムでは、受注が変化したときなどは電卓で手計算したり、Excelでの再計算するなど「人」が対応しなければなりませんでした。
これに対してTPiCS-Xは受注が確定していったん生産計画を作成したものでも状況に応じて計画を変更することができます。 このとき、新たな受注が入っていればそれも含めて所要量計算をします。
TPiCS-X自身が計画を柔軟に変えることができるので、システム内のデータと現実を合わせておくことができるのです。 TPiCS-Xではこれを「計画管理」と呼び、計画管理をしながら短納期生産を目指します。

現場の見える化の実現

システムの画面を見れば現場の状況が分かるようにする「見える化」も、TPiCS-Xでの計画管理で実現できます。

出荷遅れをなくす

仕事の中で起こる「ミス」「漏れ」「見過ごし」などによる生産トラブルを予見できる仕組みを作ります。

在庫を減らす

TPiCS-Xでは在庫の変動を日々記録していき、このデータに基づいて適切な在庫を設定できます。

設計変更、出図遅れに対応する

TPiCS-Xには「構成変更情報オプション」という設計変更を生産情報に変更する機能があります。手配済みの部材発注、製造指示に対してキャンセル伝票や追加の伝票を発行することができます。